kumikoの日々あれこれ 

過ぎていく毎日 生きていく中で想うこと         

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもちゃ実験工房

omotyakoubou.jpg

四ツ谷にある東京おもちゃ美術館にて
「おもちゃ実験工房」3日間の連続講座を受講してきました。

 午前中は2こまの授業、午後は製作作業でした。
 希望者は午後8時まで残って作業してよかったので、
 クーラーのない図工室で、みな熱心に熱く作業していました。

 家に帰らなくてよければずーっと、図工室で作業していたいくらい楽しくて、
 帰りの電車では右脳がズキズキするくらい活性化?してました。
 木を削って立体物をつくるなんて、社会人および主婦になるとやらないです。
 夫の作品のデザインをやりたくて、学びたくて受講しましたが、 
 「木と対話しながら好きな作品をつくる。」
 指導してくださった春日明夫先生の言葉のおかげで、
 それなりのものをつくらないと・・・と緊張していたのがほぐれ、純粋にものづくりの楽しみを体験しました。
 
 まずは、気持
 心がこもるから、いい作品になる。
 こどものことを思う気持ちから作品が出来上がるから、素敵なものになる。
いつか
 心を込めたシンプルで美しいデザインのおもちゃがつくれたらうれしいです。

 受講生さんは美大の学生さんがほとんどでした。
 大学を卒業してからずいぶん経ってしまいましたが、
 大人になってからも学べるし、学ぶって勉強って、たのしい!
 
デザインとは?色とは?・・・
 できることならもう一度大学へ進学して勉強してみたい分野です。
 

 いづれ、いや、確実に今回の講座で学んだことを「のいとど」の作品に反映させたいと考えています!!
 
 今回作製した ウッデンドールと構成玩具は
9/11~9/26まで東京おもちゃ美術館にて展示されます。
 とても楽しい美術館なので、よかったら遊びに行ってみて下さい。

 宿題の色付けをがんばらないと~ 

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。